シティスケープ®(バス停上屋型付き広告パネル) WAK001の詳細情報

シティスケープ®(バス停上屋型付き広告パネル) WAK001の詳細情報です。

  • ①.jpg
  • ②.jpg
  • ③.jpg
物件名 シティスケープ®(バス停上屋型付き広告パネル) WAK001
エリア 和歌山
所在地 新内(西行)
地図
種別 バス停上屋型付き広告パネル
サイズ(m) 内照式(日没から日出まで点灯)
H1,670㎜×W1,120㎜
ユポ紙
看板設備 あり
照明設備 あり
PR 「シティスケープ®は、主要41都市に展開する全国ネットワークの唯一のOOHメディアです。歩行者やバス利用者、自動車のドライバーまで様々な移動シチュエーションで広告を到達させる“マチメディア” です。
各都市の中心部・大通り沿いに接しており、生活者の生活動線上に設置しているため、掲出期間中の接触回数も多く、“印象に残りやすい“という特徴があります。
夕方から翌朝まで内照パネルが点灯するため、24時間稼動する上、夕方以降はインパクトのある訴求を可能にいたします。」

東京都、横浜市、大阪市、名古屋市、神戸市、仙台市、札幌市、京都市、広島市、福岡市、北九州市、岡山市、川崎市 など、全国41都市7,000面の「B-Stop®(広告付バス停)」をネットワークした広告媒体である、「シティスケープ®(バス停上屋型付き広告パネル)」。

例えば、現在は東京の「B-Stop®(広告付バス停)」は288面の広告面があり、7,000万人以上の人々が東京の街中で2週間に一度以上接触するという、屋外広告として強力な印象を与える広告媒体となっている。(2016年12月時点)

冬の雨の日のバス停など、一般利用者をはじめ、高齢者や障がい者の乗客にとって過酷な環境であったが、屋根と広告面を付けたバス停を設置し、広告収入で運営・増設をし、美しい広告面で街の美観・景観も改善する。 まさに社会貢献事業といえる、この「B-Stop®(広告付バス停)」事業の運営は、世界60カ国、人口1万人以上の4435都市でビジネスを展開する、世界最大の屋外広告会社 JCDecaux(ジェーシードゥコー)の日本法人、エムシードゥコー株式会社。

銀座、渋谷、新宿、六本木、表参道、外苑前、原宿など、東京の人気エリアで優良な看板は競争率が高く、屋外広告媒体の価格も高騰している為、新規の屋外広告展開を検討しているスポンサー企業、広告面を探している広報宣伝の担当者にとっては死活問題。
 
このシティスケープ®(バス停上屋型付き広告パネル)は初めての広告宣伝、または初めて屋外広告に挑戦する企業・スポンサー・広告主にとっても、救世主となるだろう。

基本仕様は内照式パネルだが、商品をパネル内部に展示するなど、自由な発想で仕様をオーダーメイドできる「イノベイト」でフレキシブルに対応可能。また、日本の2大流通イオングループ、セブン&アイグループの162店舗内で展開の「モールスケープ®」との連動したPRも可能だ。

料金・期間・エリア・空き情報など、詳細・お問い合わせは「屋外広告ドットコム」へ。
媒体について問い合わせる

屋外広告ドットコムには、WEB 非公開のとっておきの情報が約500件以上あります。
お問い合わせの方はこちらへどうぞ!

お問い合わせはこちら